法規制コンプライアンス申請ツール

 BOMcheckはサプライヤーの時間とコストを節約します。法規制コンプライアンアス申告(RCD)ツールには、北米、欧州およびアジア太平洋における規制によるハードウエア製品の制限または申告すべき全ての物質に関する専門家の規制ガイダンスを含みます。 しかし、我々はただたんに規制をリストするわけでありません。BOMcheckは、ハードウエア製品の部品またはマテリアル(原料)や適用される免除がどこで見つけられるかについて詳細な実用的なガイダンスを提供します。制限される、または申告すべき物質をどこで見つけられるかを知っていれば、サンプルの試験費用を削減することができ、これがサプライヤーの時間とコストを節約します。BOMcheckガイダンスと〝quick fill statements"は、貴社の部品に物質が含まれないときに、(例として、物質が可塑剤として使用されるが、部品には可塑剤が含まれていない) 、ガイダンスに従い、貴社部品の物質のコンプライアンスをクレーム(主張)すべきである。ガイダンスで貴社の部品で見つかりそうな物質だけを試験分析することを考慮すべきです。

貴社は、自社のRCDを特定の顧客に対して機密にすることを選択することができます。

BOMcheckは、新規物質が規制対象となった時に貴社に通知し、そして、ハードウエア製品に対してどのような要求事項があるかを説明します。そのため、貴社は、規制の最新情報を維持するための時間と労力を必要としません。新しい規制の要求事項が何であるか、製品に対する影響、必要とされるアクションについての説明するBOMcheckからの電子メールを受信します。BOMcheckにログインし、これらの新規物質の申告を更新し、RCDと部品リストにおけるその他の変更を行います。

より多くの物質がREACH候補物質リストやその他の規制の要求事項に追加される時に6か月ごとに各々のRCDを更新する必要があります。そのため、フィリップス社やその他の大手OEMでは、 Full Materials Declaration (FMD)を勧めています。 そうすれば、貴社の申告を更新する必要がなくなるからです。BOMcheckは、規制および申告すべき物質が変更された時に、貴社の部品のRCDを再計算するためにFMDを使用します。FMDを特定の顧客に機密にし、他の顧客に対してBOMcheckがFMDから計算するRCDたけの閲覧を許可することができます。