BOMチェックは、中国、韓国、日本において、RoHS規制遵守をどのように管理するか

世界中の国々の、他のRoHS法案も、欧州と同じRoHS物質リストを対象にしていますが、その用件は、異なります。 BOMチェックは、これらの部品を世界の他の場所で使用した場合の規制を特定するために、サプライヤーにより提出された化学物質デクラレーション(情報伝達)を分析します。

中国のRoHS

中国版RoHSとして知られる「電子信息産品汚染防治管理弁法」(電子通信機器による、汚染防止管理法)は、2段階になっています。 これは、欧州RoHSと同じ物質を対象にしていますが、ずっと広範囲な製品を含んでいます。 欧州連合のRoHSに類似していますが、将来的には、さらに多くの物質が中国版RoHSには含まれる可能性があります。

第一段階は、2007年3月1日に発効し、ラベルを製品に添付する一連の義務からなっています。また、製品に添付するレベルに加え、製品がRoHS物質を含んでいた場合は、ユーザーマニュアルに 製品のどの部分にそれらの物質が含まれるかを示した危険物質表(中国語)を載せなければなりません。 他の表示義務としては、14条に、製造者は、梱包材料に貼るラベルは、毒性のない、無害で 容易に分解する材料でなければなりません。

第二段階は、実際の物質使用制限が発効する時です。2008年に、中国政府は、どの特定の製品が物質使用制限に遵守しなければならないかという期日をリストした「目録」を発表しました。    これは、ある種のアプリケーションのある類の機器に対し、物質使用制限からの「規制適用対象外」を含む可能性があります。 「目録」は、また、中国で販売される前に 上市前試験及び承認が必要な製品を特定しています。

韓国での RoHS

「電気・電子製品及び自動車の資源循環に関する法律」は、2007年4月2日に発表され2008年1月1日に発効しました。 この法律は、欧州RoHSと同じ物質、同じ濃度が 施工条例6条にリストされた電気・電子機器に適用されます。

日本でのRoHS

「資源有効利用促進法」の修正のもとで、日本は、2006年7月1日より、ある種の家電、IT機器へのラベル表示標準を導入しました。 これらの種類の機器に 一種類の均質な物質が0.01重量パーセント以上の鉛、水銀、0.1%以上の六価クロム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、 または、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)を含まれる場合、 J-MOSS(JIS C 0950の通称、「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」)ラベル表示標準は、その機器にオレンジ色の「R」表示をしなければならないと定めています。 これらの物質を含まない機器は、緑色の「G」表示がつけられます。