BOMチェックは、RoHSのエグゼンプション(規制適用対象からの免除)をどのように管理するか

サプライヤーが、自社の部品に含まれるある物質の使用は、RoHSの規制適用対象からの免除であると主張する場合、BOMチェックは サプライヤーに どの特定のエグゼンプション(規制適用対象からの免除)をサプライヤーは主張しているのか、選択することを要求します。 もし、特定の エグゼンプションが、 RoHS指令から取り下げられているなら、BOMチェックは、このエグゼンプションを使っているすべてのサプライヤー会員に、彼らの部品が、依然として、規制に遵守していることを示すデクラレーション(情報伝達)を更新するように要請します。

最近のDECA BDE(臭素系難燃剤)のエグゼンプションの取り下げが、よい例です。多くの製造者は、サプライヤーから十分な情報を収集できず、サプライヤーがこの物質を使っているかどうか、再コンタクトしなければなりませんでした。


Need help?

Ask Assistant

Assistant

Pre Recorded Webinar

Watch pre-recorded webinars


Pre Recorded Webinar

Join live training webinar


Information security

Information Security